神川豊穣太鼓(埼玉県児玉郡神川町)

【神川豊穣ばやし】
1997年の誕生から20年の歳月が巡りました。
20周年を記念して、神川豊穣まつりが開催されました。

栄獅子

総勢11人が大獅子を操ります。

春駒

子供達が元気に舞います。

豊穣

4尺の大太鼓をダイナミックに叩きます。

1994年、神川町中央公民館主催の町おこし太鼓教室をきっかけに神川豊穣太鼓が産声をあげました。
【ぶち合わせ太鼓】【秩父屋台囃子】などで稽古を積み重ねていく中で、神川町が新しい芸能づくりを民族歌舞団「荒馬座」(東京都板橋区)に委託し、オリジナル曲「神川豊穣ばやし」が誕生しました。
神流川の豊かな流れと大地の恵みに深く感謝し、<全ての豊穣>作物も人間も豊かに稔ことを願い、1997年10月のお披露目から、20年の歳月が巡りました。

埼玉県児玉郡神川町

関連記事

【広告】


この記事に、「いいね!」の応援をお願いします。



友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

広告

スポンサー

ピックアップらーめん・パスタ

  1. 長崎ちゃんぽんとミニソースかつ丼(玉村ゴルフ場)今日のゴルフ場ランチは玉村ゴルフ場です。…
  2. 最初に Yasunari Sugiyama さんが 餃子組 (フリートーク) で共有した投稿:…
  3. hiroyoshi yamaguchi originally shared 麺部【食べた麺をアップし…

スポンサー

関東らーめん食べ歩き

ページ上部へ戻る