行田の忍城(おしじょう)

行田にお城があるんだと知って、行田のお城「忍城」に行ってきました。

DSC_2152

DSC_2153

史跡「忍城の鐘」
DSC_2141

DSC_2144

忍城(おしじょう)の由来

忍城は文明十年(1478)頃、成田顕㤗(あきやす)により築城された「守り易くて攻めにくい」難攻不落の名城であったと伝えられている。
天正十八年(1590)豊臣秀吉の関東平定の中で戦われた石田三成による忍城水攻めにも耐えたこの城は、水に浮くのかと恐れられ「忍の浮城」とも称されたという。
寛永十六年(1639)時の老中阿部忠秋が入城し忍城大改築に着手。孫の正武の代にいたり忍城御三階穭の建設城門土塀の修築などが完成し面目を一新したという。
文政六年(1823)伊勢の桑名から松平忠堯(ただたか)が移封し忠誠(ただざね)のとき、明治維新を迎えた。
市では維新後とりこわされていた城郭の面影を再建し永く後世に伝えることになった。(行田市)

【広告】


この記事に、「いいね!」の応援をお願いします。



友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

広告

スポンサー

ピックアップらーめん・パスタ

  1. 最初に 渡辺勝彦(ラDON) さんが ラーメン (北関東(栃木・群馬・茨城))で共有した投稿:…
  2. 何度か来ている伊香保国際カントリークラブチャーシュー麺は初めていただくメニューかも。…
  3. toshi naka さんが最初に共有した投稿竹末食堂@栃木県下野市竹末食堂@栃木県…

スポンサー

ページ上部へ戻る